ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

大学生になりたかった頃の話

こんばんは。ヨミコです。

大学生になりたかった頃の話をします。

大学生になりたかった。うつ病になって行けなかったけど。でも、そもそもなんで大学生になりたかったか、っていうと「普通」のレールに乗りたかった、それだけなのかも知れない。

去年亡くなった祖父は、私にお嫁さんになりなさい、というような事は一切言わない人でした。

社会で役に立つ人になりなさい、いい大学に入ってたくさんお金を稼ぎなさい、という思想の人でした。

だから、どうしても大学に行きたかったし、それが当たり前だと思っていたのです。

私の両親はずっと共働きで、祖父母に育てられたようなものなので、その思想を植え付けられたのかもしれませんね。

だから、高校の時にうつ病になって、その夢が叶わなくなった時は本当に悔しいというか虚しかったです。

大学に行かなくちゃ、今からでも行けるかも、と思うけど、勉強したい事が特にない

何故なら勉強したい事はやる気さえあれば、何でも自分で学べるからです。

という訳で、勉強したい事もなく、ただ大学生、という肩書きが欲しかっただけなんだな、と思って大学に行きたかったコンプレックスは何となく解消されました。

今の私に大学にどうしても行かなきゃ、という気持ちはない。大学生にならなくても、頑張って生きて来れたから。

なので、今現在不登校のお子さんがいる方親御さんは、どうか安心して欲しいと思うのです。

こんな気持ちになるとは10代〜20代の頃は思ってもいませんでした。

歳を取るのも悪いことばかりではないですね。

もうちょっと早く立ち直れていたらなあ、とはよく考えるのですが…

今は美大の通信等が気になっていますが、色々と環境を変えてからでないと、落ち着いて授業を受けるのが難しそうですorz

今年はちょっとずつやりたい事の整理をして行けたらいいなぁ、と思ってます。

ではまた。
お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします):yomikodesign@gmail.com
Facebook

広告を非表示にする