ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

学級委員がやりたくなかったな【思い出話】

アイキャッチ

こんばんは。Web&グラフィックデザイナーのヨミコです。

お友達のSatoseeさんが新しいブログを始めました。

Satoseeさんは「いつ見てもブログを何個も運営している人」という印象です。(笑)

何個も更新できるなんて凄過ぎます!!

それはさて置き、下記の記事を見てトラウマが蘇ったのでお焚き上げします。

satosee.hatenablog.com

リンク先の記事は上司が泣いてる女性の部下を贔屓する話です。

女性の部下は、上司がおろおろして、Satoseeさんに尻拭いをして貰ったら、ケロっと泣き止んだ、というのが記事の要約。

ああー(;´Д`)

あるねえこれ。この経験ある…。
Satoseeさんの体験談と違って、男性は絡まないけど…

忘れもしない、中1の頃のクラスの学級委員決めの時。

私は中学までは成績だけは良かったので、推薦で選ばれ、No.3の位置に。

No.1の子は友達だったんですが、生徒会に立候補するからと断り…
No.2の子に泣かれて仕方なく私が繰り上げ当選しました。

もう、ほんっと、やりたくなくて…
今だったら断ると思うんですけど、当時は泣かれたらなんか馬鹿馬鹿しくなっちゃってどうでも良くなっちゃって。
泣くほど嫌なら代わってあげるよ、みたいな天使みたいな気持ちでは全くなかったんですけど。

とにかく、そういう時に泣けばいいと思ってる人めんどい(;´Д`A
って投げやりな気持ちになって、引き受けちゃった。
でも、今にして思えば、先生にいい顔したかったのかもしれないですねー。
昔から大人に媚びるのが得意な子供だったので…

とはいえ、当時も今も思うんですが、学級委員って人望がある人がやるべきだと思うんです。
カリスマと言い換えてもいいかもしれません。

クラスのまとめ役、というのは人気者がやるもので、いくら成績が良くても同じクラスに友達が数人いるかいないかの私がやってもなぁ、というかんじ。

何せ、人望がない人間がやっても、人はついて来ないんですよ。

実際、私が学級委員やっても全然まとまらなかったし。

なんだか、一部自業自得とは言え、ひどく貧乏くじを引かされたよなぁ、というトラウマのお焚き上げでした。

世の中には、学級委員やりたい!このクラスを変えたい!派の人もいるらしいですね。うちの母もこのタイプだったらしいですが。(そんな母と私は合わんよなーって改めて)
そういう人が当時のうちのクラスにもいたら良かったです。

これからは、他人の顔色を気にせずに、嫌なことは、なるべく断る方向で生きて行きたいですね。

ではまた。

お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします):yomikodesign@gmail.com

Facebook友人申請お気軽にどうぞ。スパムでなければ基本承認します。

Twitterお気軽にフォローどうぞ!基本リフォローします。

広告を非表示にする