ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

30歳の親戚が脳梗塞になった話

こんばんは。Web&グラフィックデザイナーのヨミコです。

本人から許可を得たので、同じ目に遭う人がいない様に書いておきます。
※ちょっとだけ家族構成をずらしました。本人の身バレ防止の為。他は全て事実です。

先日、親戚が若くして脳梗塞になりました

脳梗塞自体は珍しくもないんですけど、親族は30歳になったばかり。

ついこの間まで20代でした。

脳梗塞なんて、もっと高齢の方がかかる病気だとばかり思っていました。

思えば祖父も脳梗塞で亡くなりました。

家系的になり易い、という事はある様です。

早めに病院に行かなかったので、親戚の視野はもう二度と戻らないそうです。

突然、先週から、これから一生、視野に欠損を抱えて生きる事になりました…。

24時間以内に対処すれば、視野もそのままで済んだそうです。何とも悔やまれます。

という訳で、この記事を見た人が、すぐに病院に行ってくれるといいな、と思い、詳細を記録しておきます。

発症、入院まで

day1,初期症状

始まりは目眩がひどく、しかし、元々体の弱い彼女は、よくある事、疲れが溜まったか風邪でも引いたのだろう、と思い、その日は会社を早退し、寝ている事にしました。

その時、既に視野が欠けていたそうです。

そして、頭痛がしていたそうです。

day3,内科に行く

寝ても良くならなかったので、先週土曜に内科に行ったそうです。
(目眩は耳鼻科が良いのですが、耳鼻科は開いていなかったとのこと)

内科では痛み止めを貰ったそうです。

痛み止めの薬を飲み安静にしていても、一向に治りません。

day4,三連休最終日、救急相談センターに電話

様子を見に行った伯母の助言から、救急車を呼ぶ前に電話をする、相談センターに電話をしてみたそうです。

すると、始めは連休明けに耳鼻科に行って下さい、という返答だったそうですが、どうもかける所が間違っていた様で、◯◯市はここじゃないです、と言われ、別の支所にかける事になりました。

漸く、大きい病院へ

次にかけた◯◯市の救急相談センターは、頭痛が、目眩が、視野が、という事を言ったところ(始めは言い忘れたそうです…口下手なのが裏目に…)「すぐに救急車を出しますので一刻も早く病院へ」と言われたそうです。

祝日だったので、本人の意識がしっかりしていても、救急車でないと診察して貰えないそうです。(なんだか税金が無駄な様な…)

という訳で検査の末、脳梗塞と判明。
入院当日はICUへ。

2週間入院後、2週間自宅療養する事になりました。

原因

彼女はタバコを吸いません。

遺伝、ストレス、あと、ピルを飲んでいると稀にそうなるそうです。
生理痛がひどいので、ピルを処方して貰っていたそうです。

勿論、これをしていたから悪かったんだ!
なんて事はないと思います。

原因の特定などは無意味かもしれません。

運が悪かったんだなぁ、としか思い様がないです。

この記事で言いたかったこと

脳梗塞は突然かかる。

彼女も去年脳ドックを受けていて異常はなかったし、普段から体に気を付けて自炊していました。

まさか、私は大丈夫、いつもの事だし、
の様に思わずに、手の震え、頭痛、物が見えにくくなる、目眩などの特徴的な症状が出たらすぐに病院へ行くか、救急相談センターに電話を。

以前の勤務先のパートさんが、首から上は気を付けないと駄目、と言ってました。

たぶんそれは本当です。

目眩や頭痛がする時に、この記事にたどり着く人は中々いないかもしれませんが、若くてもなるんだよ、という事で、もしかして、と思うきっかけの一つになれば幸いです。

早期発見で、ついこの間まで見えた両眼が突然、一生見えにくくなる、という辛い思いをする人が減りますように。

私も来月脳ドックに行ってみようと思います。

ではまた。

予防や前兆は下記サイトが分かりやすかったです。
本当に、突然かかる様ですね…

www.noukouso9.com