読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

【レビュー】イケメンでもヒーローでもないけど…30代で宇宙を目指す人の話

こんばんは。Web&グラフィックデザイナーのヨミコです。

今週のはてなのお題「人生に影響を与えた1冊」

以前書いたこの本にも多大な影響を受けたのですが、今日紹介するのは、他の1冊。

yomikodesign.hateblo.jp

今回は漫画です。

これは、30代のリストラされた男が、宇宙を目指す話

宇宙兄弟(1)

宇宙兄弟(1)

物語が始まる時点で、主人公の弟日々人(ヒビト)は、既に、月面を歩く日本人宇宙飛行士第一号に内定しており、訓練に励む日々を過ごしています。

宇宙兄弟(19)

宇宙兄弟(19)

対する兄六太(ムッタ)は、1巻の時点で、なんとリストラ社員です

ムッタはヒビトの兄として、幼い頃から共に宇宙を目指していましたが、途中でヒビトに追い越されてしまい、夢を追いかける情熱を失って、車メーカーに技術職として就職し、宇宙への想いはしまい込んでいました。

そんな中、とある理由で(この理由がまた深イイ!んですよ…)30代にして上司と喧嘩し、上司に頭突きしてしまったムッタは1話の冒頭でリストラされてしまいます。

リストラされたムッタをせっかくだから宇宙飛行士に挑戦してみたら?ずっと夢だっただろ?と焚き付けたのは他ならぬヒビトでした。

こうしてムッタが30代から宇宙を目指すストーリーが始まります。

ムッタは主人公だけど、ぜんっぜん完璧じゃない

弟ヒビトはイケメンなのに、ムッタは三枚目キャラ。
そして、打たれ弱く、すぐに凹みます。

無愛想で冴えないので、第一印象が悪めなのか、みんなからあいつはどうよ…?という扱いを受けます。

所が、ムッタに実際に接した人は、みんなムッタのFANになってしまいます。

決して完璧じゃないムッタが足掻きながら、三歩進んで二歩下がりながら、周りの人にも良い影響を与えていき、少しずつ前進していくところが、宇宙兄弟の話の肝です。

他の見どころ

登場人物に、悪い人が一人もいないんです。
一見融通が効かず、悪役として描かれているキャラクターにも、ちゃんとそうなってしまった事情があります。
そして、その事情が、ムッタや周りの人物達の力で解消していくところも魅力です。

ハードな展開はそんなにないので、安心して読んでいられる作品です。

勿論、展開がゆるい、という意味ではなく、続きは気になりますけどね…!

あと、隠れ要素(という程でもないですが・笑)として、ムッタ兄弟以外の兄弟のサイドストーリーもあるのです。

帯にもなっていたかと記憶していますが、宇宙兄弟は、タイトル通りに宇宙に夢を馳せる何組も兄弟達のストーリーなのです。

私の人生と重なる部分があった

私が、この作品を初めて読んだのは、通院先の駅の本屋さんです。

試し読み、として数話が冊子になっていたのですが、それを読んだ時、衝撃が走りました。

主人公ムッタと当時の私の状況が、とても重なっていたからです。

当時の私は、再発したうつ病が軽快し、スーパーでレジ打ちのパートをしながら、次のステップを考えていたところでした。

29歳だった私は、本当に崖っぷちで、正に作中のムッタの様に、夢を叶えたいけどどうしていいか…と燻っていました。

同世代で完璧ではないムッタが宇宙を目指して、挫折したり、凹んだりしながら、着実に宇宙飛行士への高い倍率をクリアして行く様子は、当時未経験のIT業界に飛び込もうとしていた私にとって、大きな励みになりました。

という訳で、この作品は私にとって「人生に影響を与えた1冊」なのです。(もう巻数がたくさんあるので、1冊、という言い方はちょっと適切ではないかもしれませんけど…)

まとめ:こんな人は読んでみて!

  • 新しい事を始めたい、と思っている人(特に30代)
  • 宇宙に何となくロマンを感じる人
  • 淡々とした作風の漫画が好きな人
  • どうせ、夢なんか叶わない、と思っている人

この漫画と出会って数カ月後、私は初めてのクリエイティブ職に就く事が出来、30歳で漸く正社員になりました。

私にとっては、そんな思い出深い作品です。

今行き詰まっている人は、きっと励まされると思うので、是非読んでみて下さい。

ではまた。


お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします):yomikodesign@gmail.com

Facebook

友人申請お気軽にどうぞ。スパムでなければ基本承認します。Twitterお気軽にフォローどうぞ!基本リフォローします。