読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

V系演歌歌手、最上川司について。

こんばんは。Web&グラフィックデザイナーのヨミコです。

昨日のダウンタウンDX、見た??

なんかV系演歌歌手の人が出てたと思うんですけど、実は、元を辿ると、私が好きなバンドのドラマーです。

私は元々バンドの方のFANなので、昨今のブームにちょっぴり驚きつつ、広まるのはいい事だ、と思ってます。

最上川司って??

もがみがわつかさ、と読みます。

今年6月にユニバーサルミュージックからメジャーデビューしました。

www.universal-music.co.jp

まつぽいよ(初回限定盤)(DVD付)

まつぽいよ(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: 最上川司,なかにし礼,山本成美,上杉洋史,華原大輔,カズヤ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

ちなみに本名ではないです。(笑)

デビュー曲「まつぽいよ」

www.youtube.com

「まつぽい」は山形弁で「眩しい」という意味です。故郷山形の眩しさを演歌に載せた歌です。

ちなみに山形出身の友人に聞いたところ、「まつぽい」は山形の一部地域で使われているそうです。

この曲の原形はインディーズで昨年(だったと思う…。)発売されたものをリアレンジしてメジャー流通に乗せたものです。

演歌歌手になりたいの?バンドをやりたいの?

DTDXで、まっちゃんからもツッコまれてましたけど、これは両方やりたいんだと思います。

元々演歌歌手を目指していたんですが、中学の時に吹奏楽部でドラムと出会い、ドラムの楽しさに目覚めます。

ドラマーとしてプロになりたい、と思った時にたまたま雑誌のメンバー募集で出会ったメンバー(前のバンドD'espairsRay/ディスパーズレイのvoHIZUMI)がV系志望だったので、自らもメイクをしてみたところ、ハマってしまったとか(笑)以来、2011年6/15にD'espairsRayが解散を発表するまで、V系バンド、D'espairsRayのドラマーとして、メジャーデビューし、海外ツアー等も行っていました。

D'espairsRayはヴォーカルの喉の不調から、2011年6月に惜しまれつつ解散しました。解散LIVEがなかったので、FAN(マニア、と呼びます。)の皆さんはとても気落ちしたと聞いています。

という訳で、V系アーティストとしての経歴も確かな人なので、どちらも本気でやってます!

ドラマーですが、歌も上手です。勿論、ドラミングも上手です。(この辺は主観もありますけど)

んで、更に、メジャーデビューをきっかけに喉を大事にする為に禁煙したので、本気っぷりが伝わるかと思います。

演歌歌手としてデビューしたのは、今の所属バンドのリーダーが、司さんの「元々演歌歌手になりたかった」という夢を聞いて、「じゃあ、そっちもやりなよ!」と言った事がきっかけです。

演歌活動を始めたのは去年から。去年始めて今年デビュー出来たのは、演歌業界の色々がある、との噂です。

夢は紅白出場、です。

ドラマーとして、メジャーデビューしたバンド、D'espairsRay公式サイト↓

www.universal-music.co.jp

D'espairsRayは私も司さん繋がりで聞いていますが、かなりカッコイイです。

一番好きなのはこれかなー↓

Coll:set

Coll:set

今のバンドは??

あくまで、演歌活動は個人の活動なので、バンドもやってます。

THE MICRO HEAD 4N'S
(マイクロヘッドフォンズ)というバンドです。

THE MICRO HEAD 4N'S

DTDXにも少し出ていましたが、THE MICRO HEAD 4N'Sは今も元気に活動中です!

私もLIVEに行っています。

最近CDの流通量が少なかったりします…↓

A BEGINNING FROM THE END. ※通常盤

A BEGINNING FROM THE END. ※通常盤

  • アーティスト: THE MICRO HEAD 4N'S
  • 出版社/メーカー: Blitz Artists Agency 株式会社
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

天然ボケ、山形訛りは素なのか??

天然ボケに関しては、バンドの方のLIVEのMCでも遺憾なく発揮されてFANや他メンバーを爆笑の渦に陥れているので(笑)素だと思います。

エピソードとしては、芸名を付ける時に「最上川司」か「芋煮込み司」かで悩んだ、というものがあります。

芋煮込みは山形のソウルフードとは言え、芸名にまでしてしまうのはどうなんだ、というかんじがしますね。天然っぷりが伝わると思います。

山形訛りは、司FANの友達曰く、キャラ設定の可能性もあるみたいです…。

私が見た限りは、いつも訛ってますけどね(笑)

これからも、演歌、バンド共々頑張って頂きたいです。

演歌の方も見に行きたいなー。

以上、極一部にまったり反響を頂いている、サブリミナル的なV系記事でした!

ではまた。

お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします):yomikodesign@gmail.com

Facebook友人申請お気軽にどうぞ。スパムでなければ基本承認します。

Twitterお気軽にフォローどうぞ!基本リフォローします。