ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

これまでのブラックボックス展まとめ

こんにちは。

相変わらずブラックボックス展が燃えています。

色々と思うところあるので流れをまとめました。

ブラックボックス展とは

サザエbot(※原作のサザエさんとは無関係)の中の人、なかのひとよ氏の開催した展覧会。2017/5/6~6/17まで、六本木で行われた。

正式な入場者数は不明だが、会期中会場となったギャラリー前には行列が絶えないほどの盛況ぶりであった。

twitter.com

twitter.com

公式サイト

as-axiom.com

会期が終わるまで、ネット上でネタバレをしてはいけない、虚偽の賛否の感想の投稿は歓迎、ということで、

「ブラックボックス展なんかすごそう」

とSNSで盛り上がり、足を運ぶ人が増えた。

実際どんなイベントだったのか

会場内は暗室で、中には何も展示がなかった。入口と出口は同じだったが、中に入ると方向感覚を失うとのこと。

男女混合で同じ室内に入れられた。

一切光の差さない部屋に通されて、人はどんな反応をするのか、というアート空間だった。

会期終了までネタバレ禁止の誓約書を書かされた。

真っ暗な部屋に入った後のSNSでの反応まで含めてアート、というのが主旨の模様。

ネタバレ解禁後の6/18、ブラックボックス展で痴漢された、という女性がはてなブログに記事を投稿。はてなでバズる

trhbi.hatenablog.com

この方は記事にしてるので特に目につき、拡散されたが、Twitterにはこの方の他にも被害者多数からのTweetあり。男性の被害者もいる模様。

尚、会期終了まで黙っていたのは「嘘の報告大歓迎」というイベント主旨の為、痴漢被害が嘘では、と疑われるのを避けるため。

6/20、被害者女性、麻布警察署に被害届を提出。はてなでまたバズる

trhbi.hatenablog.com

麻布署はブラックボックス展での痴漢被害を認識していたものの、実際に被害届を受け取ったのは初めてとのこと。

以下、上記記事より引用。

一通り被害状況について話し終える頃には、刑事さんは憤った様子だった。


一刻も早く主催者を特定し、直接注意するべきと判断したようで、そのまま他の複数の刑事さん達を連れて一緒にギャラリーの現場へ行くことに。

管理人も、当然主催者も不在だった。

他の刑事さん達は現場に残り、私は担当の刑事さんと警察署に戻った。

刑事さんから「24時間いつでも電話してほしい」と言われ、電話番号を含む連絡先を交換し、解散した。

上記を受けて?ブラックボックス展公式サイトで謝罪文記載も、痴漢被害への言及無し

「ブラックボックス展」について
この度は弊ギャラリーが主催しました「なかのひとよ|BLACK BOX」(ブラックボックス展)に関してインターネット上で多くの皆様をお騒がせ致しておりますこと、またご心配をおかけ致しておりますことについて、心よりお詫び申し上げます。
会期中はスタッフを増員し、常に会場に待機することは無論、来場者からご指摘をいただいた際にはその都度注意を促し、展示会場内を定期的に巡回するなどして安全確保に可能な限りの体制を敷いておりました。しかし、残念ながら我々が予期せぬ来場者による様々な行為(床のタイルを剥がす、壁を執拗に叩く、ドアを無理やり開けようとする等)があったことは事実として確認しております。
現在に至るまで直接ギャラリーに具体的な被害を申し立ていただいた事例はございませんが、それ以外にも問題行為があったとするならばそれは誠に遺憾であり、警察担当者のご協力のもと事実の究明を急いでおります。
何か少しでも手がかりになる情報をお持ちの方は以下の連絡先までご一報ください。
info@as-axiom.com
当ギャラリーは「実験」と「犯罪行為」は明確に線引きし、お客様の安心・安全を侵害する諸 行為に対していかなる許容も致しません。

各種ネットメディア、テレビもブラックボックス展の問題を報じ始める。

news.yahoo.co.jp

www.news24.jp

www.itmedia.co.jp

6/21、主催、なかのひとよ氏からも謝罪Tweet

今後の動向が待たれるところです。

痴漢被害に遭われた方におかれましては、心からお見舞い申し上げます。

今からでも遅くありません。被害に遭われた方は警察へ行きましょう。

まとめ部分ははこれで終了なので、経緯だけ知りたい方はここまで読んで頂ければ良いかと。

以下は私の個人の見解です。


ブラックボックス展の警備には問題があった。

あくまで私が調べた限りですが、室内には警備員も監視カメラも配置されていなかった模様。
人が無防備にならざるを得ない真っ暗な空間に対策が一切ない、という警備のお粗末さ。
これでは参加者を危険に晒してる、も同然です。

なかのひとよ氏への不信感

謝罪後もサザエbotは通常稼働。

また、ハンドルネームであるなかのひとよ、名義での謝罪。

弁護士などを立てていて言及出来ない可能性もありますが、問題点は器物損壊があった、ということだけにしているところ。

誠意が感じられません。

私個人の憤っているところ

何故わざわざまとめたかというと、被害者叩きが目に余るからです。

こうしてまとめる事によって悪いのは誰か、分かって欲しい。

本当に被害者に心無い言葉を浴びせる人ばかりでうんざりします。一つずつ反論して行きます。

※実際被害に遭われた方、及び性犯罪に遭ったことのある方にはキツイ物言いがあります。閲覧注意。
私自身は100%被害者の方の味方です。










  • 行かなきゃ良かったのに

…入場者はネタバレ禁止という誓約書を書かされたそうです。事前に真っ暗な部屋に男女共に押し込められるイベントだと知らされていなかったので、被害を予測しようがないです。全くの的外れです。

  • 冤罪じゃないのか

…ソースがTwitterではありますが、まったく接点がなく、会期中の参加日も異なる男女複数の被害報告が上がっている以上、それは考えにくいです。

  • これ自体が嘘という可能性も

…確かに、ブラックボックス展では嘘のネタバレ大歓迎、と告知してましたので、そう思う気持ちは分かります。しかし、被害者に嘘をつくメリットがないです。
示談金目当ての冤罪でっち上げだと仮定しても、犯人が誰だか分からない現状では、示談金を貰える可能性は低いです。
また、被害者にとって痴漢された、という報告をするのはどんな反応が返って来るか分からない以上、勇気がいることです。
わざわざそんな嘘をつく必然性がどこにあるでしょうか。
ブログ記事を書いた女性は自分のはてなIDで投稿しています。はてなには増田という匿名ブログもあるのに、です。
嘘なら匿名ブログで書いた方がリスクが少ないとは思いませんか。

  • バカ女が参加して痴漢されてザマァ

…男性も被害に遭っています。そもそも上記の通り、事前にどんなイベントか告知されていなかったのですから、これも的外れです。
男女双方被害に遭っているのに、性別を持ち出す意図はなんでしょうか。男女問わず被害者であることには変わりありません。
参加者はなんだか楽しそうなイベントだ、とネット上で告知されていたものに参加しただけです。責められる謂れはないでしょう。
知らないことに好奇心を持つことは悪いことではないはずです。

  • ちょっと触られたぐらいでガタガタ言うな/わざと触った訳じゃないのでは

…無理やり拘束されてキスをされたり、胸を揉まれるのはちょっと触られたぐらいではありませんし、明らかにわざとでしょう。

  • ドヤ顔で男叩きをするな

…男性を叩いている訳ではありません。暗闇に乗じて痴漢する様な卑劣な犯罪者と、杜撰な警備でイベントを開催した主催者を叩いています。

  • 行ってないのに批判するな

…犯罪が行われていた疑惑があり、被害者も存在するので批判しています。行ったか行ってないかは関係ないです。事故の批判なども当事者でなければしてはいけない、という事はないと思います。

上記は全てネット上で実際見かけたブラックボックス展、及び一連の記事への感想です。

これはひどい。何故傷付いてる被害者に追い打ちをかけるのでしょう。

男叩きしたい訳じゃないです。
女性でも上記の様なことを言っている人はいますので、ネット上なら何言ってもいい、と勘違いしている人を叩いてるだけです。

わざわざ言うまでもないですが、匿名性の高いネット上だから上記の様な言葉を言う人が散見されるだけで、私は人間自体には善意がある人がほとんどだと信じています。

以上。

はあ。インターネッツの悪意を浴び過ぎました。

かわいい動物の画像でもみて癒されることにします。

また動きがあれば更新するかも。

ではまた。

前の記事

yomikodesign.hateblo.jp