読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

実写映画、るろうに剣心〜京都大火編〜見て来ました!【旧ブログから転載】

レビュー

こんばんは。ヨミコです。

旧ブログからの転載記事です。
実写版るろうに剣心の京都大火編を映画館で見た時の感想です。

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]

るろうに剣心 京都大火編 通常版 [Blu-ray]

  • ヨミコはそれなりに原作の漫画が好きで全巻読破済み
  • 主演の佐藤健くんは仮面ライダーに出ていた頃から応援している
  • 前作、るろうに剣心も観覧済み

という前提でお読み頂けますと幸いです。

さて今回は幕末の維新志士の残り火、志々雄真実がクーデターを起こす、それを主人公の剣心達が止める、というストーリー。
全体的には強ボス志々雄を倒す為にRPG的に仲間を増やし→武器を新調し→ヒロインがピンチ!という熱い展開です。

ネタバレに配慮して伏せ気味でお伝えしております(笑)

良かったところ

  • 前回に続き豪華キャスト。棒読み俳優が一人もいないのは、イイ!
  • 殺陣がとにかくカッコいい
  • 志々雄一派のセット、設定、シルエットのカッコ良さ
  • 四乃森蒼紫の衣装がちゃんとアレンジしてあってコスプレっぽくない
  • 脚本というか、ストーリーが比較的破綻がない気がする
  • 特撮好きにはニヤリとするキャスティング有り

ちょっとうーん…なところ

  • キャストは豪華だが、原作を読んだ者として、この人じゃないんだよなぁ、と思う人が何人かいる
  • 主人公とあの人のあのシーンがもう少し情緒的であって欲しかった
  • ↑に関連して高荷恵の名シーンが削られていた
  • 前回四乃森蒼紫が登場していないので、急に出て来た病んでる人、という印象になってしまっている(原作では京都編の前に精鋭の部下を失って、絶望して修羅に落ちる)
  • ↑の様な扱いなら四乃森蒼紫というキャラのエピソードごと削っても良かった(前回の鵜堂刃衛の下りも同様の感想を持ちました。)
  • 福山雅治さんで煽っていたけど、ラストにしか登場しない。

特に気になるのは蒼紫の下りなのですが、蒼紫は美形で原作人気も高いので削れないのは仕方ないのかもしれません。演じてらした伊勢谷さん自体はとても魅力的でしたし。前回の鵜堂刃衛の吉川さんもとても良かったので、批判を避ける為に敢えていいキャストを配置している可能性もあるのかも!?

一部文句も言ったものの、基本的に漫画の実写化はイメージ崩れる部分が多いのですが、前作同様、イメージを重視して、作品への愛が感じられるのが、個人的にとてもいい部分だと思います!

何より、脚本家さんのセンスがいいのか、ストーリーがまとまってて面白いです!
原作の内容をかなり圧縮していながらちゃんと面白いというのはすごい事だと思います!

よろしければ是非どうぞ!

ではまた。

お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします):yomikodesign@gmail.com

Facebook友人申請お気軽にどうぞ。スパムでなければ基本承認します。

Twitterお気軽にフォローどうぞ!基本リフォローします。

伝説の最期編レビューはこちら!↓

yomikodesign.hateblo.jp