読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨミコのデザイン工房

デザイナー&ブロガーのヨミコが、 WEB制作の事を書いたり書かなかったり。

「チーズはどこへ消えた?」書評。現状維持だけではいつか行き詰まる!?

こんばんは。Web&グラフィックデザイナーのヨミコです。

またまた書評です。

ネタに困った時の書評です。い、いや、そういう訳ではないけど。

ビジネス?人生そのもの?の寓話「チーズはどこへ消えた?」レビュー

この本はかなり薄めの本で、1時間くらいで読めてしまいますが、内容は中々学ぶところが多いです。

あらすじ:チーズを取り巻く、小人とネズミたち

迷路の奥で、日々、チーズを探して生きている小人とネズミの二組のコンビ。

二組はお互い、別々に、迷路の中をチーズを探して旅を続けたいましたが、ある日、とても大きなチーズが置いてある場所に出ます。

小人達は安心し、迷路を探すのはやめて、その近くに住み、毎日チーズを食べては寝て暮らしていました。

一方、ネズミ達は、大きなチーズが次第に目減りしていくのに気付き、大きなチーズを拠点に、新たなチーズを求め、再び迷路へ旅立ちます。

突然、非常事態に

ある日、小人達が目を覚まし、チーズの元へ向かうと、チーズは消えてしまっています。

昨日までは毎日チーズを好きなだけ食べる事が出来たのに、突然、飢える事になった二人は、嘆き悲しみます。

そして、いつの間にかネズミ達がどこかへ消えている事に気付きます。

小人の片方、気付く

小人の片方、ヘムは、毎日嘆いてばかりでどんどん無気力になって行きますが、もう片方、ホーは立ち上がります。

ホーは、ネズミ達が帰って来ないという事は、きっと迷路の先で、チーズを見つけたのでは?と想像します。

こうして、ホーのチーズを求める冒険が始まります。

ホーは道中、毎日慢心せずに、チーズの味が変化している事、少しずつ塊が小さくなる事を、よく観察して気付けば良かった、
チーズの無くなったあの場所に居るよりも、動いた方が恐怖が遥かに和らぐ、
なんだか冒険が楽しくなって来た!
などと気付き、ヘムのために迷路の壁に気づいた事を書き付けながら進んで行きます。

そして、ついに、前に見つけたチーズよりも、様々な種類のチーズが、たっぷりあるチーズステーションに辿り着きます。

まとめ:変化を恐れず、現状に甘えず、前に進もう

この本のテーマはそういう事だと思いました。

前に進むと、なんだか楽しくなって来る!っていうのも、なんだか勇気が出ますね。

ホーがずっと心配していた、ヘムも迷路から歩き出したでしょうか…

背中を押して欲しい時に、是非読みたい一冊です。

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

こちらもとても良いまとめなので合わせてどうぞ。

matome.naver.jp

ではまた。


お仕事etcお問い合わせ先(制作実績お送りします)お返事は3日以内に、を心がけております:yomikodesign@gmail.com

Facebook友人申請お気軽にどうぞ。スパムでなければ基本承認します。

Twitterお気軽にフォローどうぞ!基本リフォローします。